最適なコストと指定時間で価値あるサービスを提供

優秀な開発者による多くの開発プロジェクトで、グローバル企業から信頼を得ていることを誇りに思っています。

VALUABLE SERVICES
KAMADA DAISUKEKAMADA DAISUKE

鎌田 大介

CEOメッセージ

トランスコスモステクノロジーベトナムの前身のトランスコスモス・テクノロジックアートは、2014年に株式会社テクノロジックアートとの合弁会社として設立し、2017年にはトランスコスモスの100%子会社となりました。

 

2022年に社名をトランス・コスモステクノロジーベトナムと変更しました。

 

私たちは、アジャイル開発企業として、日本およびASEAN向けにソリューション開発サービスを提供しています。

 

世界的に幅広く利用されているCMSであるDrupalやAcquiaの資格をもつエンジニア、PMP (Project Management Professional)の資格保持者が多く在籍しており、AWSパートナー認定も受けサーバレスアプリケーション開発にも対応しています。

 

2022年社名および体制の変更に伴い、トランスコスモステクノロジーベトナムは、エンジニア人員の拡大を計画しており、2023年度には、ホーチミン以外の都市へ進出し、新たな拠点の設立を目指していきます。

 

また、今後さらにトランスコスモスとの連携を深め、トランスコスモスグループの各種アウトソーシングサービス(コンタクトセンター、BPO、デジタルマーケティング、EC)の日本国内外への業務展開の際の基盤開発を行い、お客様企業に最適なワンストップサービスを提供していきます。

 

是非お気軽にお問い合わせください。

2014

設立

2018

拡大

2019

プロダクト、CXソリューション

トランスコスモス・テクノロジックアートは、2014年に株式会社テクノロジックアートとの合弁会社として設立されました。

icon_miltstone_2

Transcosmos Technologic Artsは、transcosmos Incの100%子会社になりました。

日本以外の海外マーケット(ASEAN)へビジネスを拡大

icon_milestone_1

自社プロダクト、CXソリューションに注力

test
delivery

優れた「人」と最新の「技術力」の融合により、より価値の高いサービスの提供

3A
frame
aware-well

Aware

well the business
frame
adapt

Adapt

to the change
frame
aim

Aim

for perfection, think up to the last 1% and improve the degree of perfection
2C
 
frame
cultivate

Communicate

with honesty and open
frame
communicate

Cultivate

yourself

お客様の期待を超えるサービス品質を提供

Chat bot